甜茶のタンニンがキツい

甜茶にはタンニンが含まれています。これがなかなかの曲者です。
私は胃が弱い(胃酸過多と診断された)ので、タンニンを含んだ飲み物を飲むと胃酸の分泌が促進されてげっぷが大量に出ます。

あ~、誤算でしたこれは。
そしてルイボスティーがノンカフェインってだけじゃなくて、お茶の中でもかなり低タンニンだという事実も発覚。
甜茶もおいしいんだけどな、さすがにこれはルイボスティーの方に私の心が揺れてしまいました。

甜茶を飲んだらなんかお腹から空気が大量にでる

私は一日に大体1杯、多くて2杯ぐらいの甜茶を飲む習慣があります。
この習慣が長く続いたためか、今まで全然気づかなかった。。。

でも思い返してみれば、私が大量にゲップを出したり、お腹を張ったりするのはいつも甜茶を飲んだときでした。
胃酸過多と診断されたのは甜茶を飲み始める前でかなり昔の事だったので、胃酸過多になった原因は甜茶とは別にあります。

しかし甜茶を飲むことで普通に悪化させていたのも事実・・・かなりショックです。

甜茶のタンニン含有量

甜茶のタンニンの含有量について調べてみましたが、正確にはわかりませんでした。
ですが、タンニン=ポリフェノールです。

そして多くの場合、甜茶が売られるときの謳い文句はやっぱり「甜茶ポリフェノール」
甜茶の目玉成分であるポリフェノールは胃酸過多など胃痛で悩む方にはおすすめできなかったんですね。

本当に今はルイボスティーだけが私の救いです。
ルイボスティーのタンニンの含有量は紅茶の1/8だそうです。
確かにルイボスの時は胃は落ち着いています・・・。

私が胃をやられたお茶

私はお茶が基本的に大好きなので、いろいろお茶は飲んでいます。そのつもりです。

たぶんこのページをご覧になっている方は、タンニンが気になる方で、もしかしたら私のように胃痛、胃炎、胃の悩みを持っているかもしれないので、要注意のお茶を紹介しておきます。

胃酸過多にとって要注意なお茶・・・それはマテ茶です。
”飲むサラダ”という異名を持つマテ茶。好きじゃない人は好きじゃないですが、好きな人はハマってしまうお茶です。

2,3年前にコカ・コーラからも「太陽のマテ茶」という商品が出て、知名度も一気に上がったお茶です。
味は本当にスッキリしていて、食事にすごくよく合います。暑い地域の中米?南米?あたりが原産のマテ茶は、暑い夏に冷やして飲むのが最高です。(現地では熱いまま飲むという事実はおいておきます。)

おいしくておいしくてどうしても飲み過ぎてしまいます。500mlの水筒に入れても、すぐに飲みきってしまって足りないぐらいです。特に夏は。

なのですが!このお茶にはカフェインが含まれています・・・。
量的には、緑茶の60%ほど。これは結構大きいです。特に暑い夏に、水分補給として飲んでいると、胃がぶっ壊れます。
おいしくて栄養も素晴らしいですが、要注意のお茶です。

胃が弱い方にはルイボスティーが一番ですね・・

著者:健康茶ヒヨコ

おすすめのお茶

甜茶について