甜茶が食事に合わない

甜茶が食事に合わない件について

食事に甜茶が合わない件についてのお話しをしたいと思います。
私は甜茶が好きですが、食事には合わないと思います。

ルイボスティーは味がさっぱりして食事には何でもよくあいます。
ですが甘い甜茶はどうしても飽きてしまう。
ちなみに肉料理ならマテ茶がおすすめ。

甘いものは食事に合わない

甜茶の味といえばやはりあの甘さでしょう。砂糖入れていないのにあそこまで甘いのは甜茶ぐらいです。
甘いのでご飯を食べている途中に水のように飲んでいると、飽きてきます。うんざりします。

なので食事のときはやめたほうがいいですね。とは言っても、人には好みがあるので一度試してみるといいかもしれません。
私の場合はダメでした。食事の途中に甘いものを摂るのが考えられない。

たまに食事でコーラを飲む人がいますが(マックとか)、あれも考えられません。
炭酸水ならまだしも、炭酸清涼水で甘いやつを食事中に飲む気持ちは理解できませんね。

辛いものと食べればもしかしたら

甘いので、もしかしたら辛いものと一緒に食べたらおいしいのかもしれません。
例えばキムチとか、カレーとか。これと一緒に甘いものを食べれば味が相殺されるのかもしれません。

辛いものの他にも苦いものはいかがでしょう。沖縄料理のゴーヤチャンプルーを食べつつ口を助ける感じで甜茶を飲むとちょうどいいかもしれません。辛いものよりも、こちらの方が上手くいきそうですね。

甘さの有効活用

刺激の強い味を相殺する目的で甘い甜茶を飲む。甘さの有効活用です。
あの甘味の特徴は、いくら飲んでもかなりカロリーが低いこと。そして歯周病予防効果です。

甘いものが欲しいけど、健康やダイエットの都合上ちょっと取れない。というときに甜茶を飲むとよいかもしれません。
カレーを作る時に水を使いますが、その水を甜茶に代えてみるとちょうどいい甘さに・・・なるかどうかはお試しください。

ベストな飲み時

お茶ですので、ベストな飲み時はやはり何も食べていない状態でしょう。
喉が渇いた時、落ち着いてリラックスしたいとき、ちょっとした甘さが欲しい時などに飲むのが一番です。

食事の時に液体で流し込むようにするのは消化器官にも悪いといいます。気を付けましょう。

著者:健康茶ヒヨコ

おすすめのお茶

甜茶について